オンラインブックについて

生まれて一度も靴を履いたことがない、という方はまずいないと思います。外出するには必ず靴を履くというのが現代では常識ですし、古くから日本人は外出する際には履物を履いていました。現在では実に豊富な種類の靴が販売されていますし、ファッションや用途、目的に応じて選べるようになっていますが、多くの方が頭を悩ませるのが靴擦れではないでしょうか。私も新しい靴を購入して履くたびに靴擦れが起きてしまいますが、そうした悩みを持つ方に是非試して頂きたいのがKiBERAの靴です。

 

リーズナブルなオーダーシューズ

KiBERAは、リーズナブルな価格でオーダーシューズを提供しているシューズメーカーで、東京新宿や銀座に店舗があります。まだ関東にしか店舗はありませんが、様々なメディアなどでも注目を集めているシューズメーカーでもあり、多くの方がKiBERAでオーダーシューズを制作しているようです。

 

KiBERAは世界的にも珍しいレディースシューズブランドで、全ての女性の毎日が輝くようにとのコンセプトの元営業しています。実際私の友人はKiBERAでオーダーシューズを制作したと言っていましたが、一日中立ち仕事をしていても足が疲れることもないし、靴擦れも起きなかったと話していました。また、KiBERAの特徴はそうしたオーダーシューズをリーズナブルな価格で製作して貰えるということなのです。

 

通常、オーダーシューズというのはコストが掛かってしまう分、靴屋などで市販されている靴よりも割高になってしまうことが普通です。一人一人の足の形状や用途などから最適な一足を作りますから、時間もかかりますし職人の技術も必要となります。しかし、KiBERAでは何と5900円〜13900円というお値打ち価格で自分だけのオーダーシューズを手に入れることができるのです。これまで培ってきたノウハウや、最新の機器を採用することで低価格を実現し、今まで費用がネックとなってオーダーシューズを手に入れることができなかった方にも手が届くような価格帯でオーダーシューズを提供しているのです。

 

シューズサロンでオーダー

KiBERAのオーダーシューズは価格も安く、靴擦れも起きないと友人も絶賛していました。納期も約3週間程度で届いたということですから、これは異例の早さと言えるのではないでしょうか。では、何故このように高品質なオーダーシューズを低価格かつ早く手元に届けることができるのか、ということですが、一つにはKiBERA独特のシューズサロンの設置が挙げられます。

 

KiBERAでは、都内各地にシューズサロンなる施設をオープンさせています。「シューズブランドなのにサロン?」と訝しがる方もいるかもしれませんが、KiBERAではこのサロンでのオーダーをシューズ造りにおいて最も重視しています。このサロンでは、訪れた方の足のサイズや形を最先端の3D計測器で計測し、それを基にデータを作り上げます。足の形は一人一人異なりますから、ここでしっかりと計測して最適なデータを入手するからこそ高品質の靴が誕生するのです。

 

また、このサロンにはシュージュエリストと呼ばれる靴のスペシャリストが常駐しています。シュージュエリストは靴に関する高い専門知識を持った、いわばソムリエのような存在です。そうした高度な知識を有するスタッフが、一人一人にマッチした最適な靴を提案してくれるのです。シューズサロンあってこそのKiBERAであり、ここで行われるカウンセリングによって世界に二つとないオーダーシューズを手に入れることが可能となるのです。

 

技術の高い職人が制作

現在では中国や韓国などで生産された靴が日本にも大量に入ってきていますが、KiBERAの靴は完全メイドインジャパンです。KiBERAでオーダーシューズを制作して貰った友人も、余りの価格の安さに最初は中国製ではないかと疑っていましたが、KiBERAの靴は全て日本で製作されています。

 

KiBERAが制作するオーダーシューズは、工場で専門の靴職人が匠の技を駆使して制作します。そこには一切の妥協もなく、一足一足に拘りを持って制作されているのです。こうした技術の高い職人を豊富に抱えていることもKiBERAの特徴であり強みであると言えるでしょう。大量生産ではとても真似することのできない、一人一人の足の形状にぴったりと合う、最適な靴が誕生するのは確かな技術を有する職人さんがいるからこそと言えます。

 

また、KiBERAの靴は価格が安いからと言ってデザインが他ブランドの靴に劣るということはありません。私も実際に友人の靴を見せて貰いましたが、現在主流となっているデザインを取り入れながらも、オリジナリティ溢れる外観は正に唯一無二の存在感を放っています。トレンドを取り入れつつも、流行には流されないという思いも伝わってきそうなハイセンスなデザインは、大量生産の品ではとても真似できるものではないでしょう。

 

低価格で高品質なオーダーシューズなんてあるはずない、という思いを抱く方もいるかもしれませんが、そうした方こそ是非KiBERAの靴を試して頂きたいですね。私も友人から勧められていますから、いずれサロンに訪れてみたいと考えています。

不動産関係で働く友人の体験談について、記事にしたいと思います。私と主人の共通の友人で、現在38歳の男性の友人、原田竜一郎という人がいます。

 

その方は、有名な某不動産会社に10年間勤務しています。自宅と原田竜一郎の勤務先が近いので、土地購入の情報を聞いたり、自宅を貸したり、売却する場合のアドバイスをしてもらっています。自宅は、現在大和市で、1戸建て4LDKで8年間住んでいるのですが、
この家を売る場合の相場は2200万円位と教えてもらいました。我が家は、新築で購入時は、土地建物含めて2900万円でした。

 

駅から徒歩10分以内という好立地ですが、米軍キャンプが近くにあるので飛行機の音がたまにうるさく感じます。もし我が家を売却して、引っ越しをする場合だと、まとまったお金が入って頭金にできるのでいいな、と思っていましたが、友人のアドバイスによると、借家として置いておいた方が得ではないか、という話でした。

 

減価償却を考えると8年住んで、まだ建物の価値は800万程残っているし、多少壁紙等リフォームすれば、まだかなりきれいな方なので、借り手はたくさんいるはずだと教えてくれました。人に貸す場合、2つのパターンが有るそうです。

 

1.敷金礼金を頂いて日本人のファミリーをターゲットに家賃13万位で貸す方法
2.米軍基地が近所にあるので、こちらに住んでいる人を対象に貸す方法

 

米軍基地の幹部の方たちが対象になるので、家賃20万以上は取れるそうです。けれども欠点としては、アメリカの様式で生活するので、土足で家にあがり、敷金礼金は取れないそうです。又月々の家賃が高い分、家に直す部分が有るとすぐに対応しなければいけない点と、大家が、修繕費を貯めなければいけないという点です。

 

今の自宅の売却や貸す事を真剣に考えている段階ではありませんが、不動産関係の友人がいると専門的な話を聞く事が出来て興味深いです。又、友人自身の不動産屋さんに勤務して不満も有ったので、ご紹介させて頂きます。1カ月の売上げノルマを果たせば、翌月は有給以外で、休みをとっていいそうなのですが、自分が休んでしまうと今月の売り上げに響いてしまうので、なかなか休みが取れないそうです。しかも売上達成の休日は持ち越し出来なくて、翌月のみ使えるそうです。

 

又、土日は、集客がたくさん見込めるので休みは取れずに、水曜休みなので子供の運動会や行事には、1回も参加出来ないそうです。

結局は、モノを読むという行為自体に変わりはないのですし、紙の本だろうと電子書籍だろうとどっちだっていいのではないの?なんてざっくりと考えていたのですが、、特にオンラインブックを電器店の電子書籍コーナーで触ってみて考えが変わりました。やっぱり、電子書籍最高。なかでもオンラインブックって良いんじゃないでしょうか。しかも、かなり良い。

 

オンラインブックの専用端末を触ってみたのですが、これが便利!なんと言ってもスタンド付きなんですよ。本にクリップでとりつけるタイプのガジェット的なスタンドもありますけど、ちょっと使うには勇気が必要ですよね。でも、、特にオンラインブックは自然な感じでスタンド機能が付いているのは非常に便利です。読む場所を選ばないというのは本読みにとってはじつはいちばんうれしい機能。

 

ちょっと気になることが発生したその時に、いつでも読みやすいかたちで読むことができるなんて最高ですよね。スタンドなんてついていると電池の消耗も早いのではと心配する人もいるかもしれませんが、、特にオンラインブックならばその心配もいりません。スマートフォンやタブレットやノートパソコンのように毎日充電したりしなくても、フル稼働したとしても一日で電池切れなんてことにはまずなりません。

 

わずらわしいあれこれから開放されて読書を楽しめちゃうなんて、本当に大助かりのオンラインブック。これからは、あまり本好きではないような人にでもぜひ楽しんで欲しいなあと心からそう思います。

目薬を手放せない人、最近増えているみたいですね。目をあたためるマスクもヒットしているみたいですし、要するにみんな目が疲れているんですよね。どうしてかって、こんなに目が疲れそうなもので溢れていたらそうなりますよね。携帯電話、スマートフォン、タブレット、コンピュータ、いったい一日何時間の液晶とにらめっこしてるんだろうってふと思うと怖いですよね。

 

そういえば、最近はテレビだって液晶です。液晶の青色LEDが目に良くないっていう研究データもあるみたいだから気をつけないといけないですよね。でも、今さら液晶を見ない生活なんていうのも無理ですよね。いったいどうしたら良いのでしょうか。たとえば、電子書籍を生活の中に取り入れてみるというのも、ひとつの解決策です。

 

そんな、またひとつ液晶を見なければいけないものを増やすなんてと思われたかもしれませんが、たとえば、特にオンラインブックは液晶ではないのです。試しに、特にオンラインブックで長時間読書をしてみると違いが良くわかると思いますが、液晶を長時間眺めていた時に感じるあの独特の疲労感を覚えるということがないのです。さすが、読書用に考えられた端末ですね。

 

しかも、スタンドまでついているので、暗い場所でモノを読んで目を疲れさせてしまう心配もありません。いつでもどこでも、思いついた時と場所が即書斎。そんなどこでも快適な読書経験をもたらしてくれるのです。オンラインブック、ぜひチャレンジしてみてください。

ちょっと注意力ないんじゃない?って子どもの頃からよく言われるタイプでした。よく言えば元気、はっきり言って落ち着きのないタイプ。そんなわけなので、当然、読書とかはあまり好きじゃなかったです。

 

ひとつのところにじーっとして本を読むなんて、落ち着きのないタイプにとっては一番苦手とすることです。でも、オンラインブックに出会って変わりました。オンラインブックであればひとつのところに座ったまま読書をしていなくても良いのですから。電車に乗りながらでも、ソファーに寝転びながらでも、歩きながらだってできてしまう。携帯電話をいじる感覚で楽しめるのが良いのでしょうかね。

 

本好きではないタイプでも違和感なく楽しめるのがオンラインブックだと思うんですよね。気になるドラマの原作だって検索すればオンラインブックストアですぐ見つかるし、同じ作者の作品もついでにサクサク購入しちゃうことも可能なのです。だいたい、本屋さんに足を踏み入れること自体、本が苦手なタイプにとっては敷居が高いんだから、オンラインブックストアがあって本当に良かったです。

 

ネットを眺める感覚で気軽に見ることができちゃうんだから、すっごくはまりそう。だいたい、そんな注意力のないタイプだから、何かにはまるってことは今までなかったけど、はじめてオタクの気持ちもわかった気がします。オタク的に本にはまっちゃってますから。そんなオンラインブック、まだ体験したことがないならぜひ味わってみてくださいね。